トップページ  /  枚数  /   品質  /   店舗   /   リメイク   /  サイトマップ

のぼり作り:リメイク

お店の名前や売り上げを伸ばしたい商品名を印刷し、
沿道に掲げることで集客の増加や販売向上を図るのぼり旗は、常に風雨に晒される屋外で使用するため、
損傷が激しく定期的に交換しなければなりません。

しかし、のぼり旗に使用している素材と印刷に使用しているインクは上質なものを使用している場合が多いため、
役目を終えたのぼり旗を処分してしまうのは勿体無いと言えます。

のぼり旗は、強風でも破れずに耐えられる上にインクの浸透が良い生地を使用しています。
そして、インクは日光を浴び続けても劣化しにくいものを使用しています。
こうしたことから、のぼり旗を着物やバッグにリメイクする動きが活発になっています。

丈夫な素材を使用していることから重たいものを入れても型崩れせず、長年使用可能なバッグにリメイクすることができます。
着物の場合も、印刷時のインクの浸透性が良いので鮮やかな印象の着物にリメイクできます。
さらに、着物と生地の相性が良いのも特徴です。

Copyright(c) nobori dukuri Inc. All Rights Reserved.