トップページ  /  枚数  /   品質  /   店舗   /   リメイク /  自動車  /   配送  /   学習   /   サイトマップ

オリジナルのぼり作成のコツ

ジャンボサイズののぼりを作る

のぼりで表現したいこと

今でこそ大量に制作するために機械を使わなければとても追いつかない
のぼり旗の印刷方法ですが、昔はやはり全て手作業で行われていました。

示すのぼり旗のサイズにも色々あり、その中にはジャンボのぼりという物があります。
手作業により染められるのぼり旗製作では、ジャンボサイズのものを仕上げるために
莫大な時間を費やしてきたものです。


けれども近年では、印刷技術を活用することによって
そのようなジャンボサイズののぼり旗も簡単に作れるようになっています。

お知らせ大判プリンターを使用することで、布に転写するための紙に
印刷するという作業により、劇的に納期を短くしています。
もちろん、染めによる仕上げと比べると耐久性は落ちるものです。

けれども近年の宣伝広告事情は、非常に速いスピードを求められるようになっています。

のぼり旗のデザインもそれほど長く用いられることが無くなってきているのです。
例えば多くの需要があるパチンコ業界でも、台の入れ替えと共にのぼり旗のデザインも変わります。

そのために、速く安く製作できる印刷によるサービスは、非常に役に立つものとなっているのです。
このように需要と上手くマッチする形で、印刷によるジャンボサイズとなる
のぼり旗の製作サービスは増えてきているわけです。

今後更に様々な活用方法や印刷技術が出てくることも予想されます。
そんなのぼり旗の可能性を、使いながらも考えていきたいものです。

江戸川区・浅間神社の幟(のぼり)祭の歴史と使われる幟の特徴

東京都江戸川区の浅間神社では幟祭(のぼりまつり)と言われるお祭りが行なわれています。
幟祭は、江戸時代中期になってから開催されるようになったとされている
非常に歴史の古いもので、重さ1トン高さ25メートルもの「幟」10本の
日本でいちばん大きいとされている大幟が立てられる伝統のあるお祭りです。

毎年開催されているというものではなく、基本的には2年ごとの偶数年のみに
実施しているというもので、平成の偶数年の6月に行なわれるとされています。

今年は平成の偶数年の年にあたるということで、今年の平成30年においても
6月に幟祭りが開催がされました。

むかしはクレーン車なども使用されていましたが、1980年からは
人の力だけで幟が立てられるようになりました。

およそ600人ぐらいが参加するお祭りです。
立ち上げるまでの時間はわずか2、3分ですが、1本を立てるまでには
それなりの準備時間もかかるため、およそ30分から40分はかかるものです。

Copyright(c) nobori dukuri Inc. All Rights Reserved.